こんにちは~この冬のコーデ記録です。
大好きなJardinコートにラベンダーのタートルニットのコーデ~
年末の分です。

Jardinコート&ラベンダータートル (1)

Jardinコート&ラベンダータートル (2)

Jardinコート&ラベンダータートル (5)

Jardinコート&ラベンダータートル (3)

Jardinコート&ラベンダータートル (4)2

いつもは黒か薄いグレーをあわせていたJardinコートに
この日はラベンダーを合せました。

このニット、丈がわたしの好みからすると少々長いのですが
好きな質感とつくりなので着ています。
ニットは簡単にお直しが出来ないのがつらい‥‥‥。

タイツは黒と迷って、少し濃いめのグレーに~

実は、以前はコートが大の苦手だったのですが
ワンピースのような感覚で着るようになったら大好きになりました。

このJardinコートには
まだまだ素敵に着れる他の色やバランスがありそうです。



さて、わたしは同居長男の嫁~
何かにつけお伺いを立てながら物事を進めていきます。
最近では以前に比べ「いいよ」と言われることが増えてきました。

でも、この「いいよ」が結構曲者で
本当に「いいよ」の時と、そうでない時があります。

昨年の玄関の片づけもしかりでした。
やりすぎた片づけで衝突~!

わたしからすると、きちんと聞いてから動いているのに
‥と思うのですが

頭では片づけた方がいいから「いいよ」でも
気持ちは「いいよ」じゃないんだろうな‥‥‥。

でも、片づけが絶対必要な時ってありますよね。

玄関の片づけを提案したのは
そう遠くない将来車いすが必要になるだろうな‥と思ったから。
今考えても、必要な片づけだったと思います。

でもその片づけが原因で
当時、ごたごたし喧嘩っぽくなってしまいました。

友人に
血のつながった人間でも片づけはごたごたするんだから
嫁なんて何をやったってよく思われることはないと思うよ‥と言われ

そうなのかもしれないな‥と。
多分これからも本当の「いいよ」でない返事が
たくさんあるんだろうな‥‥

この玄関片づけ事件を機に決めたこと‥
お伺いを立てた時、しっかりと「いいよ」を見極める。
その上で、本当の「いいよ」でなくても、必要だと思う事は進める。
ただし、自分の為にやる…と考えられない時には
手を出さない‥‥です。

わが家のことではありませんが
先ごろ本当にいいと思っていない「いいよ」を聞いたので
少々思うところを書いてみました。


それでは、またヾ(=^▽^=)ノ

にほんブログ村 ファッションブログ ミセス系へ 
ブログランキングに参加中~いつもありがとう